東京成徳学園十条台キャンパス図書館
HOME 所在地 サイトマップ
資料のリクエスト お問い合せ
 
利用案内 情報検索 レファレンスサービス
新着情報詳細


2017/01/17
【絵本ミニ展示】「鬼」のでてくる絵本


今年のお正月は比較的暖かかったように思いますが、寒の入りからは文字通りの寒い日が続いています。
「寒」とは、暦の上で最も寒さの厳しい時期、小寒(1月5日頃)から大寒(1月20日頃)を経て、立春(2月4日頃)の前日までを
指します。立春の前日は節分ですが、寒の明けるのが待ち遠しいかのように、お正月が終わったと思ったら、早くもコンビニや
スーパーには豆まき用の煎り大豆が赤や青のカラフルな鬼のお面とともに並んでいます。

鬼は災いや病気など様々な悪いことの象徴とされ、豆をまいてその鬼を追い払う行事は、子どものころから慣れ親しんだもの
ですが、そのほかの日本各地の祭りや行事、民話伝承などにも、たびたび鬼たちは登場します。

今回は『鬼』が出てくる絵本を集めてみました。
悪者だったり、恐ろしかったりするばかりではない鬼たちが、絵本の中で待っています。
1階絵本コーナーに展示しておりますので、是非手に取ってご覧ください。

 「鬼」のでてくる絵本2017.pdf
HOMEに戻る おすすめの資料一覧に戻る
このページのTOPに戻る