利用案内 情報検索 レファレンスサービス
新着・おすすめ図書詳細


2007/06/20
C.S.ルイス著『ナルニア国ものがたり』(岩波書店)
笹沼栄子さん(第2総合事務室)


 私のおすすめは何といっても『ナルニア国ものがたり』全七巻です。去年『ライオンと魔女』(『ナルニア国ものがたり』第一巻)が映画化され、ご覧になった方も多いのでは?
 ストーリーは、イギリスの田舎に疎開していたピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーのペベンシーきょうだいが不思議な衣装ダンスから行った“ナルニア”という国で、色々な冒険をしながらナルニアをずっと冬にしている魔女を倒すというものです。この物語にでてくる登場人物?たちの魅力的なことといったら!!物言う獣たち、フォーンのタムナスさん、なかでもナルニアの創造主であるアスランは百獣の王ライオンです。各巻がそれぞれ違う時代・出来事のお話ですが、全巻を読んでみると一つの国の年代記になるところも面白いところです。ハリ・ポタや指輪物語とも一味違うファンタジーをどうぞ!!

<図書館の所蔵>
『ナルニア国ものがたり』全七巻 C.S.ルイス著
(933.8||Lew||1~7/1階書架(低層)児童文学)

 
HOMEに戻る おすすめの資料一覧に戻る
このページのTOPに戻る